家族ノカタチロケ地-ランチのそば屋はどこ?

家族ノカタチロケ地-ランチのそば屋はどこ?

家族ノカタチの永里大介(香取慎吾)のランチシーンでたびたび登場する
オシャレな立ち食いそば屋。

そのランチのそば屋のロケ地が判明しました!
場所などの詳細をご紹介します!

家族ノカタチのロケ地-ランチそば屋ロケ地・場所はどこ?

家族ノカタチに登場する永里大介(香取慎吾)が
社員たちとたびたびランチタイムに利用している
そば屋のロケ地はどこでしょうか?

スポンサードリンク

ランチタイムのシーンに登場するそば屋は、
なんともオシャレな感じで、つけ麺のような蕎麦を
立ちながら食べています。

そのシーンはこちら!
家族ノカタチのロケ地-ランチそば屋ロケ地・場所1
画像:家族のかたち

家族ノカタチのロケ地-ランチそば屋ロケ地・場所2
画像:家族のかたち

お隣との距離感が気になるほど近いですね。

しかし、立ち食いそば屋は
オジサマがひしめき合って、和風で古風なお店が多いのですが、
こちらは若者や女性も食べやすいような雰囲気がしていますね。

こんなにオシャレな立ち食いそば屋は
スタジオに作られた撮影用の蕎麦屋かと思いましたが、
調べてみたところ、本当にあるようです。

ランチのロケ地の蕎麦屋の店名は「そば処港屋」で、
ランチのロケ地の蕎麦屋の場所は、
東京都港区西新橋3-1-10
電車で向かう場合、東京メトロの虎ノ門駅。
JR新橋駅からはちょっと距離がありますがバスが近くまであるようです。
電話:03-5777-6921
定休日:土曜・日曜・祝日休み
営業時間:11:30~17:00、17:30~20:00
(麺がなくなり次第終了)

営業時間、日にちから、いかにも永里大介(香取慎吾)のような
サラリーマン、OLをターゲットにしているようです。

スポンサードリンク

公式ホームページはなく、
「食べログ」で情報を調べることができます。
食べログの「そば処港屋」

口コミを参考にすると、
いつも行列で、量が多く、おいしいとのこと。

ドラマの映像でもわかるように、
店内は狭く、周りのお客さんとぶつからないように
気を付けて歩かなければいけないようです。

ドラマ内でも、お隣とぶつかりそうになりながら
お蕎麦をすすっていました。

メニューも変わっているようなので、
一度は行ってみたいですね!

家族ノカタチのロケ地-ランチそば屋ロケ地のウラ話

家族ノカタチのランチシーンのロケ地が判明しましたが、
他にも耳よりな情報があります。

今シーズンのドラマをいろいろ見ていらっしゃる方は、
「あれ?なんかこのそば屋見たことあるな??」
とお気づきの方もいるかもしれません。

実は、このそば屋は
水曜10時日本テレビで放映中のドラマ「ヒガンバナ」で、
主役来宮渚(堀北真希)とヒガンバナチームが
同じくランチタイムで利用していました。

しかも、メニューは「ポテト蕎麦」と呼ばれる、
ざるそばの上にポテトフライが乗った変わったメニュー。
あまりのインパクトあるメニューで驚きました。

ヒガンバナメンバーがおいしいと絶賛していましたが、
実はこのメニュー、残念ながら実際にはないようです。

よく見ると、ヒガンバナも家族ノカタチも、
同じテーブルで食べているんです。
ドラマヒガンバナポテト蕎麦(ポテトそば)屋ロケ地、登場シーン5
画像:ドラマ「ヒガンバナ」公式

二つのドラマで使用されてしまう程、
人気のあるそば屋なんだと思います。

面白いですね。
社員の人たちがよく行く、
ランチのロケ地の紹介でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連:
ヒガンバナロケ地-ポテト蕎麦(ポテトそば)屋の場所はどこか判明!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)