ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話みんなと私の感想

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話みんなと私の感想

ドラマ「掟上今日子の備忘録」3話みんなと私の感想
をみていきましょう。

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話感想1人目

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話をみた知り合いの感想1人目です。

美術鑑賞が好きな私は、
第3話のストーリー自体がとても面白かったです。

スポンサードリンク

絵を壊した人が誰なのか、どういう人物なのか、
というはてなからスタートしましたが、絵の製作者かと思いました。

そうしたところ、額縁の製作者だとわかり、とても驚きました。

絵に合った額縁をつくるのが額縁の製作者の仕事だと知り、
知識が増えて嬉しかったです。

また、今日子さんの1日で記憶がなくなるというところを
うまく利用して、毎日同じ美術館に足を運ぶ…
というところが面白かったです。

更に、そのことを利用して厄介が今日子さんの気を
引こうとするところも、恋心が感じられてキュンとしました。

最終的に第3話内では厄介はふられてしまいますが、
今後二人の恋愛がどうなっていくのか楽しみです。

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話感想2人目

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話をみた知り合いの感想2人目です。

なんだかこの回の今日子さん冷たい感じですね。

厄介のことを全く覚えてないとしても
前回と態度がころっと変わるので冷たく感じるのでしょうか。

なんだかんだで結局、厄介の運の悪さを謎解きで助けてくれますが、
厄介をつき放す感じが嫌な感じです。

あんな簡単に絵は破れるでしょうか。
結局、額縁だったんですね。

額縁が変わってて老人は怒ってしまったんですね。

今日子さんの着替えあり過ぎです。
形の違う衣装揃えすぎです。
ちょっと無理がある。

またもや、謎解きをした今日子さん。

ちょっと面倒くさい謎ときでしたね。

厄介さんにもう少し優しく対応して欲しかったんですね。

そういうのパスですとは?何で?どうして?
昔何があったのでしょうか。

今日子さんの過去が気になります。

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話感想3人目

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話をみた知り合いの感想3人目です。

厄介が働く警備会社での災難っぷりに同情したのと同時に、
ハローワークで職務経歴書がものすごく長いく災難続き
にもかかわらず前向きに生きている彼の姿に元気づけられました。

今回も、今日子と二人で厄介に降りかかった冤罪を
解いていくのですが、最初っから真相のおおよそを知っていて
厄介とともに楽しく謎を解いていく今日子と対照的に
厄介の余裕なく今日子に振り回されている厄介の
掛け合いが面白かったです。

さらに第3話の今回は問題が一通り解決したあとに、
3話の登場人物である額縁商が殺される?ような
シチュエーションで次回に続くのは1、2話と違い
新しい展開だなと感じわくわくしました。

スポンサードリンク

また、厄介の恋心や優しいところが少しずつ今日子に
届いているのかなと言う場面がみられてもしかしたら
今日子も厄介のことを忘れない日が来るのかなと
少し期待しています。

これからの二人の恋のゆくえもとても気になりました。

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話感想4人目

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話をみた知り合いの感想4人目です。

掟上今日子の備忘録3話、
原作2冊目の「掟上今日子の推薦文」第1章のエピソード。

西尾維新の小説のファンなので毎回楽しみにしているが、
このエピソードは未見なので先入観なしでの視聴になった。

今回もガッキーが可愛かった。何度も衣装チェンジが
見られたし、もう何度も観ているのに依頼を優先した為、
須永昼兵衛の企画展が観られないのを耐えている表情も良かった。

ミステリー部分も面白かった。老人は絵の
どこが気に入らなかったのか。

まさか額縁だったとは。私も今年、徳島の大塚国際美術館にて
陶板画に施された豪華な額装を見て、それにかけた予算にも
絵を引き立てる魅力をまざまざと感じたことを思い出した。

その謎ときのヒントとして私服を少しずつ変えていくなんて。
気付ける男いるのかなぁ。

 少しずつ厄介君が今日子さんとの距離を縮めようと
努力していたのにきっぱりと拒絶され果たして
今後どうなっていくのか。

積読になっている小説を先に読むべきか、
このままドラマを見続けるか。どちらも面白いので楽しい悩みだ。

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話感想5人目

ドラマ(掟上今日子の備忘録)3話をみた知り合いの感想5人目です。

今回の掟上今日子のファッションは私好みではありません。

毎日美術館に立ち寄って同じ絵を見て感動していて、
もし本当にこんな人がいたらなんともツライ人生だと思います。

厄介さんの警備の制服姿がかっこよかったです。

絵の価値が2億→200万円だという今日子さんの変化に
こだわるところが、依頼者である厄介さんも捜査に
貢献しているところがおもしろかったです。

喫茶店で仕事が舞い込むところが、
なんだかシティーハンターに似ている気がします。

睡眠によって毎日記憶がリセットされるという事なので、
1話完結のドラマだと思っていたのに、

今回は最後に事件になり次回に続いたのでビックリ!

それにしても掟上今日子が受け取る1日の報酬が
いつも高額でうらやましいです。

掟上今日子の備忘録1話あらすじ探偵今日子の依頼料金の相場はいくら

ドラマ(掟上今日子の備忘録)感想まとめ

ドラマ(掟上今日子の備忘録)ですが、結構賛否両論で、
良かったという意見と、微妙と言う意見が入り乱れておりました。

私も見ていますが、面白さに結構ばらつきがありますね。
古畑任三郎のように、もう視聴者が少し推理できるような感じ、
にしてくれると、もっと楽しめたのではないかと思います。

以上、
ドラマ「掟上今日子の備忘録」3話みんなと私の感想
でした。

    スポンサードリンク
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)