下町ロケットの独立行政法人pmeaとPMDA、厚生労働省との関係

下町ロケットの独立行政法人pmeaとPMDA、厚生労働省との関係

下町ロケットのにて、pmeaという独立行政法人が出てきました。
日本には、現在PMDAという組織があり、ご存知の方は、
あれ?PMDAじゃなかったっけ?って思った方も多いと思います。

独立行政法人pmeaとは一体どんな組織なのか?
また、PMDAについても深く調査しました。

下町ロケットの独立行政法人pmeaとは?何の略?

pmeaという独立行政法人は、ドラマ「下町ロケット」の中だけ登場する、
架空の組織で、実在しませんのでご注意下さい。

スポンサードリンク

pmea独立行政法人 医薬品医療器具総合機構
画像:TBS下町ロケット

pmeaは、ドラマのシーンでも解説がありましたが、
独立行政法人 医薬品医療器具総合機構のことであり、
ロゴの下にも、
pmea
「Pharmaceutical and Medical Equipment Agency」
との記述がありました。

医薬品や、医療器具を、開発段階から審査や指導などを一気に
このpmeaが受け持ち、最終的に厚生労働省が認可をするという
仕組みが出来上がっているのだとか。

物語の設定では、
厚生労働省としても、そこまでの専門家をあつめて、
ものすごく大量の医薬品・医療器具を審査・指導するのは、
大変なので、こういった仕組みになっているのでしょう。

ただ、こういう組織って、実質の天下り先などに
なっていそうな感じですよね。

次項にて、PMDAの解説をしますが、ドラマのような
悪どい組織と思われないように、実際の団体名を使わずに、
この架空の組織[pmea]を使ったのだと思われます。

下町ロケットの団体組織ににているPMDAとは?何の略?

PMDAは、現在の日本に実在する団体組織であります。

PMDAは、
「Pharmaceutical and Medical Devices Agency」を省略したもので、
日本語的には「医薬品医療機器総合機構」になります。

医薬品医療機器総合機構

スポンサードリンク

pmeaのような悪い組織ではなく、きちんと医療機器や医薬品を、
治験から、しっかり指導・審査承認する組織であります。

下町ロケットの独立行政法人pmeaとPMDA、厚生労働省との関係まとめ

下町ロケット後半のガウディ編にて登場の
独立行政法人pmeaについて解説してきました。

pmeaは、あくまで、架空の組織であることを踏まえて、
下町ロケット本編をお楽しみいただくようお願いいたします。

現実にある、PMDAは、天下りや裏金、口利きなどをしていない、
しっかりした組織である点ですので、お間違いなく!

最後まで見ていただきありがとうございます。

関連:
下町ロケット咲間倫子(さくまのりこ)のキャストは誰?アヤパン高島彩

ドラマ-下町ロケット-1話放送日とあらすじネタバレ感想やキャスト1

下町ロケット1話あらすじ田辺弁護士役の阿藤快口癖や死因と画像

下町ロケット第2話のあらすじ感想、視聴率~田端耕二裁判官・裁判長

下町ロケットの第3話あらすじ感想と視聴率推移

下町ロケット第4話あらすじ[佃品質佃プライド]殿村直弘(立川談春

下町ロケット7,8,9話の団体組織pmeaとは?PMDAでは?

半沢直樹原作者のドラマ「下町ロケット1話」感想・評価・評判はどう?

池井戸潤さん原作ドラマ「下町ロケット2話」感想・評価・評判はどう?

半沢直樹と同じ原作者のドラマ「下町ロケット3話」感想・評価・評判はどう?

半沢直樹と同じ原作者のドラマ「下町ロケット4話」感想・評価・評判はどう?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)