下町ロケット1話あらすじ田辺弁護士役の阿藤快口癖や死因と画像

下町ロケット1話のあらすじと田辺弁護士役の阿藤快口癖や死因と画像

下町ロケット1話のあらすじと、田辺弁護士役の阿藤快口癖や死因と画像
についてみていきましょう。

下町ロケット1話のあらすじ~田辺弁護士

最近では、心から共感して感動できるテレビドラマを見たいと
望んでいる視聴者が増えてきています。

そのような人々の間で絶大な評価を得ているのが、
下町ロケットです。

スポンサードリンク

下町ロケットの第1話では、7年前のロケット打ち上げの場面が
描かれています。

順調に打ち上げられたと見られていたロケットが突然軌道から
外れてしまい、やむなく停止ボタンが押されて爆発します。

その出来事に呆然とする開発に尽力した
主人公の表情が印象的でした。

その後、実家の工場を継いだ彼は、ロケットの製造技術を
活かして会社を立て直します。

しかし、ライバル会社からの理不尽な訴訟を起こされてしまい、
一気に倒産の危機を迎えてしまうのです。

当面の資金繰りに困り、メインバンクを頼りますが、
冷たく突き放されてしまう主人公や経理担当は、
肩を落として会社に帰ります。

また、父親の代から付き合いのある田辺弁護士(役者:阿藤快)
相談しましたが、知識や経験に乏しく大手ライバル企業に
腰が引けている様子であまり頼りになりません。

そんな状況に、しびれをきらした佃航平(阿部寛)らでしたが、
田辺弁護士(役者:阿藤快)に対して、
部下が、弁護士契約から見直させていただきたいと言い放ちました。

田辺弁護士(役者:阿藤快)は、
「先代の頃からの付き合いで、儲かりもしないあなた方の顧問を
やってきましたが、恩をあだで返すつもりですか?
こんな負け裁判を受け持ってくれる弁護士なんかみつかりませんよ。」
と言い放ち、去っていきました。

下町ロケット1話、田辺弁護士(役者:阿藤快)が顧問契約を断る。
画像:下町ロケット公式

他に弁護士を探すも、断られ続けてなかなか見つからない。

そんな時に、元妻から弁護士の紹介の申し出があり、
切羽詰まっていた彼らは敏腕と評判の神谷弁護士を
訪れて事情を説明し、顧問弁護士を得ることが
できたのです。

1話では、神谷弁護士の有能さや人間的な魅力が
随所に描かれていて、大手事務所の汚いやり方への
怒りや意地といった感情がはっきりと現れていました。

そのため、見ている視聴者側もスムーズに
感情移入することができて、どんどんストーリーに
引き込まれていきました。

法廷のシーンは圧巻の内容で、時間稼ぎをするために
のらりくらりと引き延ばそうとする相手に対して、
毅然とした態度で対抗する神谷弁護士の鋭さに
痛快さを感じました。

このまま裁判がうまくいくのではないかと
会社のみんなが感じ始めていたのですが、
資金繰りに協力を申し出ていた他社から突然、
断りの連絡が届きます。

当面の運用資金がなくなれば、裁判自体を続けられなく
なるため、再び倒産の危機に陥ってしまうのです。

スポンサードリンク

主人公や他の社員たちは、必死になってなりふり構わず
お金を集めるために走り回ります。

しかし、メインバンクやその他の企業からも相手にして
もらえず、いよいよ追い詰められてしまうのです。

どうしようもなくなった主人公は、相手側の
和解申し出を受けて実質吸収合併の形で会社を
手放す覚悟をします。

その様子を見ていた神谷弁護士は、ある唯一の秘策で
ある逆訴訟を提案します。

ライバル会社の製品をこちら側から訴えることによって、
裁判を一気に終わらせようという戦法に打って出ます。

リスクを冒してでも会社を守りたい社員の
強い絆に感動して涙が出る内容でした。

1話で名演技だった、田辺弁護士でしたが、
を演じていた阿藤快さんが、先日お亡くなりになっていたことが判明。
阿藤快さんの口癖や死因と画像を詳しくみていきましょう。

下町ロケット1話の田辺弁護士役の阿藤快口癖や死因・画像

亡くなる前に収録し、2015年12月3日放映の
NHKの「総合診療医 ドクターG」の阿藤快さんの画像
2015年12月3日放映NHKの「総合診療医 ドクターG」阿藤快さんの画像
画像:NHKORICONSTYLE

まずは、阿藤快さんの口癖です。

田辺弁護士役の阿藤快さんの口癖は何だった?

ご存知のかたも多いと思いますが、
田辺弁護士役の阿藤快さんの口癖は「なんだかなー」でした。

いろいろなところを旅する旅番組や、グルメリポートで、
ぼそぼそっと、さらっと言っていました。

旅番組やグルメ番組では、ほとんどが、本気で不満があって
言っていたわけではなく、撮影現場を和ませるために、
言ってたんだとか。

実のところ、たかじんさんの番組とか、討論番組とかでは
本音が漏れた、おそらく本気の「なんだかな~」がよく出ていました。

次に、、阿藤快さんの死因についてです。

田辺弁護士役の阿藤快さんの死因は何だった?

田辺弁護士役の阿藤快さん、実は突然亡くなっていました。
撮影現場に来なかったので、事務所のスタッフさんと、
家族が様子を見に行ったところ、ベッドで亡くなっていたのです。

その死因は、胸部の大動脈瘤破裂と診断されました。

ご本人が、坂本龍馬のように死にたいといっていた希望も叶い、
坂本龍馬の暗殺された近江屋事件(おうみやじけん)のあった、
慶応3年11月15日(1867年12月10日)に亡くなっているのが
発見されました。(死亡推定日時は2015年11月14日)

日付が違う理由として、日本の暦の和暦は、太陰暦で、
西洋の暦は、今で言う太陽暦・グレゴリオ暦だからになります。

阿藤快(あとう かい)さんや、口癖・死因等を詳しく知りたい方はこちら
ウィキペディア「阿藤 快(あとう かい)」

関連:
ドラマ-下町ロケット-1話放送日とあらすじネタバレ感想やキャスト1

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)