掟上今日子の備忘録第4話あらすじ~深まる厄介と今日子さんの関係

ドラマ「掟上今日子の備忘録」あらすじ4話~深まる厄介と今日子さんの関係

ドラマ「掟上今日子の備忘録」第4話のあらすじを見ていきましょう。
ぎくしゃくしている主人公の隠館厄介(かくしだてやくすけ)と探偵の今日子さんの会話シーンから
始まります。実は前回のラストで、隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日子さんに
フラれてしまっていたのです。
この第4話では、厄介と今日子さんの関係が深まるそうなのです。

気まずそうにする厄介を今日子さんは不思議に思います。
それもそのはず、厄介をフったことなんて、
今日子さんはきれいさっぱり忘れてしまっているからです。

そんな二人が訪れたのは、「アトリエ荘」という高層マンションでした。

スポンサードリンク

隠館厄介(かくしだてやくすけ)と今日子さん「アトリエ荘」という高層マンションへ
画像:日本テレビ掟上今日子の備忘録

実は、前回の事件で知り合った額縁匠の和久井はこのマンションの所有者で、
将来有望な画家の卵を集めて暮らしていました。

額縁匠を引退することにした和久井は、最後の作品となる額縁が
完成するまで工房の警備をしてほしいと、厄介と今日子さんに
依頼してきたのです。

しかし、いくら呼び鈴を押しても応答がありません。
しかたなく壁を乗り越えて工房を訪ねる二人でしたが、
そこで血を流して倒れている和久井を見つけます。

二人の救命措置により一命を取り留めた和久井でしたが、
犯人をかばって誰に刺されたのか言おうとしません。

「犯人はこの中にいる!」と、和久井を刺した犯人は
アトリエ荘の住人であると推理した今日子さんは、
厄介と一緒に住人の聞き込みを開始します。

実は、和久井の最後の作品となる額縁に入る絵は、
アトリエ荘の住人に発注されており、
その中の誰が選ばれるようなのですが、
選ばれるのがいったい誰なのか誰もわからないようなのです。

さらに聞き込みを続けていく中で、
絵の制作を依頼されていない人間がいることがわかります。
それが前回も登場した天才少年の陸くんでした。

絵の制作を依頼されていない人前回も登場した天才少年の陸くん
画像:日本テレビ掟上今日子の備忘録

スポンサードリンク

果たして彼が和久井を刺した犯人なのでしょうか。

そして、和久井はなぜ、天才と呼ばれるほど絵の才能がある
陸くんに絵の制作を依頼しなかったのでしょうか。

ネタばらしのときに分かるのですが、和久井は実は、
最後の大作として、35枚の小さな絵あつめて、
大きな1枚の作品を作るつもりだったのです。

実は、剥井陸くんと、犯人である202号室の加賀の使う色は、
その作品に必要の無い色であっただけで、
腕前・才能とは関係なかったのでした。
でもちょっとかわいそうですよね。

これって、原作と違ったらしいですね。
原作の犯人は陸くんだったとか。

原作と違う犯人というのは、意外性があって、
原作知っている方も、あれ???って感じで楽しめたのではないでしょうか。
原作を読んでいない方でも、原作が読んでみたくなりますよね。

これが今回の
ドラマ「掟上今日子の備忘録」4話のあらすじ
です。

第4話の今回は、今日子さんが気を失うと記憶を無くして
しまうことが犯人にバレてしまい、
今日子さんがピンチに陥ります。

忘却探偵の今日子さんは、
眠るだけでなく、気絶させられても
記憶を失ってしまうんですね。

気絶させて眠らせようとする犯人に向かって、
今日子さんは言います。
「あなたは何者ですか?何者でいたいんですか?」。

その言葉を聞いて犯人がとった行動とは?

また、厄介と今日子さんの関係が少しずつ
進展しているように感じるのは私だけでしょうか。

確かに前回フラれてしまいましたが、
今回のラストでは、「送ってくれないんですか?」と
厄介と一緒に帰ろうとします。

そんな今日子さんにキュンっとしていましました。
これからも二人の関係には目が離せませんね。

ドラマ「掟上今日子の備忘録」4話のあらすじ
は、こんな感じでした。

次回の5話のあらすじはこちら
掟上今日子の備忘録5話あらすじ感想~ガッキー太ももと須永フェスタ

今までのドラマ「掟上今日子の備忘録」1話、2話、3話のあらすじはこちらです
掟上今日子の備忘録1話あらすじ探偵今日子の依頼料金の相場はいくら

ドラマ「掟上今日子の備忘録」2話あらすじ今日子さん水着になる!

掟上今日子の備忘録3話あらすじ~黒髪の掟上今日子コスプレ画像集

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)