エンジェルハートあらすじ感想7話夢と冴羽リョウもっこりWビンタ

エンジェルハートあらすじ感想7話夢と冴羽リョウもっこりWビンタ

エンジェルハート7話となりました。
夢ちゃん冴羽リョウがもっこりWビンタの話になります。
さて、夢ちゃんともっこりダブルビンタに注目のお話です。
あらすじと感想を見ていきましょう。

シャンイン(槇村香の意識)2発のビンタ食らったさえばりょう
画像:エンジェルハート公式

ドラマ「エンジェルハート」7話感想含むあらすじその1

シャンインは、新聞記事を見て、茅野夢(かやのゆめちゃん)の家を訪れる。

スポンサードリンク

ちょうど、夢ちゃんと、おつきの方が車で出かけるところで、
シャンインを車で引きそうになり、謝りながら出てくる夢ちゃん。
良かったら一緒に乗っていきませんか?という展開。

なぜびっくりさせただけなのに、一緒に車で送りましょうと言った
のかは謎ですね。

車の中で、喫茶キャッツアイに行くところであったことを知る。

キャッツアイにて、お決まりの合言葉「XYZ」をいい、
依頼を聞くリョウ。

夢ちゃんは、父を手にかけた犯人探しと、
父親はどんな人であったかを知りたいとのこと。
復讐をするのは、あまり望んでいないようだ。

警察を呼びに言っている間に、父親の姿が消えていた。
行方不明者扱いとなっているのだと。
調べてもらった探偵も被害を受け、
父親の部屋も、火事で燃えたのだと。

亡くなるまぎわに、父親は、笑ってやっと・・・・と言ったのだった。

シャンイン(グラスハート)が夢ちゃんの父親を手にかけた
画像:エンジェルハート

1、2話あたりで出てきた、グラスハート(シャンイン)の回想シーン、
小さな女の子が、ベンチで待っている父親にソフトクリームを買って
持っていくと、血を流してぐったりしていたシーン。
シャンイン(その当時は、グラスハート)が手にかけたのだ。

夢ちゃんの父親はぐったりしていた
画像:エンジェルハート

なんと、シンホンによると、グラスハートのしとめた
最後のターゲットは、夢ちゃん父親で、
爆弾魔マッドドッグという殺し屋だったというのだ。
組織レギオンも何人か被害にあい、それでグラスハートに
依頼がきたのだという。
また、ドッグウォーカーという依頼を受ける仲間がいたのだと。
父親の部屋の火事も、父親の姿が消えたのも、
ドッグウォーカーが処分したのだろうと。

茅野夢(かやのゆめ)ちゃんが帰った後、依頼を受けるかシャンインに
聞くリョウ。シャンインは逃げずに向き合うと決めた。

たかなみはるか(高波遥・役キャスト松本若菜)という、元ピアノの先生が、以前に
夢ちゃんのお父さんに依頼され、夢ちゃんの面倒を見ている。

シャンインもシティーハンターだったことに驚き、偶然依頼の日に
あったシャンインに、夢は、私と友達になってほしいと言うが、
戸惑うシャンイン。

夢は、私と友達になってほしいと言うが、戸惑うシャンイン。
画像:エンジェルハート公式

庭で、高波遥が、もう来ないでくれとシャンインに言うとき
じゅうで狙われるところを、間一髪でシャンインと、リョウが
助ける。

倒れている、高波遥(たかなみはるか・松本若菜)を見て、

倒れている、今回のびっくりもっこりちゃん高波遥(たかなみはるか・松本若菜)

リョウは「今回のびっくりもっこりちゃん、、はっけん!!」

さえばりょうは「今回のびっくりもっこりちゃん、、はっけん!!」
画像:エンジェルハート公式

おきまりの、シャンインのビンタ。

おきまりの、シャンイン(槇村香の意識)のビンタ

前の探偵が全て調べ上げてくれていて、たかなみは
夢ちゃんの父親の素性を知っていた。それでターゲットにされたのだ。

家の中で、ここは危険なのでリョウちゃんの家に行きましょう!
とたかなみを誘うリョウに、

たかなみを誘う冴羽リョウ
画像:エンジェルハート公式

2発目のビンタ!!

おきまりの、シャンイン(槇村香の意識)2発目のビンタ
画像:エンジェルハート公式

今回はもっこりと、ビンタ炸裂ですね~~~。
ここが今回、一番面白いところでした。

シャンイン(槇村香の意識)2発のビンタ食らったさえばりょう
画像:エンジェルハート公式

今回は冴羽りょう、もっこりWビンタされてしまいましたね。

夢ちゃんはドクの診療所でかくまってもらう。

スポンサードリンク

カリートは、レギオンのボス、李堅強(竜雷太)に、
グラスハート・シャンインとマッドドッグの娘が接触していると報告。
ドッグウォーカーの正体もわかるので調査を続けるとのこと。

夢ちゃんは、ピアノコンサートに出ることとなり、
リョウやシャンイン、シンホンを誘う。

たかなみさんと、世界的ピアニストの男性(まさおみさん?)が
お付き合いしているとのことで、そのピアニストの人が
見に来ているとわかると、夢ちゃんは、ひどく緊張してしまい、
シャンインに抱きつく心臓の音を聞き、落ち着く夢。
この心臓は自分のものではないことなどを夢に話す。

コンサートで、夢の番になり、舞台に出て行く際、
天井に、狙撃手がいるのを発見するリョウとシャンイン。
シャンインは、急いで夢ちゃんをかばいに行き、負傷する。

ドラマエンジェルハート、夢ちゃんをかばうシャンイン
画像:エンジェルハート公式

夢ちゃんをかばって、負傷して倒れるシャンイン
画像:エンジェルハート公式

シャンインは、ドクの診療所に運ばれる。

冴子によると、11年前にマッドドックが起こした事件で、
赤ちゃんだけが助かったらしく、生きていれば同じくらいの歳だと。

一方、夢ちゃんのスマホに、なぜ夢ちゃんが狙われているかを教えると、
謎の人物から電話があり、指定された女子トイレに行くとビデオがあった。
ドッグウォーカーからのメッセージだ。ある組織により、夢ちゃんの父親
マッドドッグを亡き者にしたのが、一緒にいるグラスハート・シャンインだと。
銃が隠してあり、それでかたきを討てという指令。

泣きながら寝ているシャンインに銃を向けるのだが、撃てずに診療所を飛び出し、
自宅に戻る夢ちゃん。

ドラマエンジェルハート泣きながら寝ているしゃんいんを撃とうとする夢ちゃん
画像:エンジェルハート公式

夢ちゃんの自宅。
まさおみさんが、夢ちゃんの自宅へ入る。
夢とたかなみさんは、部屋にて追い詰められる。

夢ちゃんのお父さんの真実(本当の父でなく、本当の両親を手にかけた人だと。)
を話す。だが、夢ちゃんは、その真実を父から知らされていた。

まさおみさん=ドッグウォーカーは、カリートに狙撃されて亡くなる。

落ちていた武器をシャンインに向ける夢ちゃん。
グラスハートは、夢ちゃんの父=マッドドッグを亡き者にしたときに、
もう、こんなことはしたくないと、ビルから飛び降りて、
心臓を移植をされ、生かされていることを話す。

そんな時、リョウが入ってきて、同じ復讐をするなら、
同じように父親をやらなくてはと、リョウ自身にじゅうを向ける。
リョウが、シャンインの父親みたいな存在だからと。

夢ちゃんと同じ目にあわせるなら、シャンインではなく俺リョウを打つといいと。
画像:エンジェルハート公式

驚く夢ちゃん。
誰かに命令されてやったのだから・・・と泣きながら許す夢ちゃん。
夢ちゃんは、泣きながらシャンインに抱きつく

たかなみさんは、夢ちゃんをひきとることになり、ピアノで、留学することとなる。

シャンインは、過去を背負い、受け入れて生きていくことを決心する。
シャンインは、夢ちゃんに最後のお別れを言う。

ドラマエンジェルハート夢ちゃんにお別れを言いに来たシャンイン

ありがとう。いってらっしゃいと。

一方、レギオンボスは、カリートから、
りょうが、グラスハートの父親みたいなものだと言ったことを報告を受ける。
そのグラスハートを失ったら、さぞかしあの男は苦しむだろうなと言う。

李堅強・竜雷太とカリートが、話す。

リョウのもとへカリートが現れる。
なぜ、グラスハート・シャンインの元へ向かわずにリョウの元へ
向かったのか?謎が残りますね。

カリートの中に、何か心の変化があったのでしょうか。

エンジェルハートあらすじ感想7話夢と冴羽リョウもっこりWビンタまとめ

エンジェルハート7話の前半部分のあらすじを見てきました。
夢ちゃん冴羽リョウもっこりWビンタ意外な関係がわかりましたね。
夢ちゃんの依頼を断らず、きちんと向き合ったシャンイン。
友達になってと言われ、葛藤している様子、しっかり伝わってきました。

リョウのもっこり・デレデレがあり、香の記憶を持つシャンイン
の2回のダブルビンタが炸裂しましたね。面白かったです。

りょうが、俺はシャンインの父親みたいなものだからな。
というセリフ、かっこよかったです。

たかなみさんは、夢ちゃんを引き取り、夢ちゃんは留学。

カリートはなぜかりょうのもとへいきましたが、
これからの展開が気になりますね。

最後まで見ていただきありがとうございます。

関連記事:
エンジェルハート7話茅野夢(かやのゆめ)役キャストは石井萌々果

ドラマエンジェルハート7話高波遥役キャスト松本若菜さん画像も

エンジェルハートシャンインの父は李堅強?役キャストは竜雷太

エンジェルハート香瑩シャンイン役女優の三吉彩花の演技評価と画像

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)